金城学院

金城学院は、2019年10月に創立130周年を迎えます。

金城学院130周年について

金城学院創立130周年 ご挨拶 学校法人 金城学院 戸苅 創

金城学院は、1889年、アメリカ人女性宣教師アニー・ランドルフ先生によって創立され、2019年に創立130周年を迎えます。

アニー・ランドルフ先生は、福音主義キリスト教に基づいた女子教育によって、豊かな人間性と深い専門的学識を兼ね備えた輝く女性を世に送り出すことを目標にして、この名古屋の地に、「女学専門冀望(きぼう)館」を開設しました。「女学専門冀望館」は、全て英語で授業が行われましたので「英語冀望(きぼう)館」とも呼ばれ、翌1890年に「金城女学校」と改称されて、英語では「Golden Castle Girls’ School」と呼ばれていきました。

開学時の教師は4人のアメリカ人宣教師、生徒は僅か3人でした。アニー・ランドルフ先生によって撒かれました小さな種は、先生の意思とともに多くの人々に受け継がれ、130周年を迎えました現在、幼稚園、中学校/高等学校、大学、大学院に学ぶ、園児、生徒、学生数は約7,500人、卒業生数は、延べ143,000人を超えました。

この度、創立130周年を記念し「Dignity & Humanity」をキャッチフレーズとして、いくつかの事業を推進してまいります。これらの事業を通して、これからも建学の精神であります「福音主義キリスト教に基づいた女性教育、全人教育」を基盤に、未来に向かって絶えず挑戦していく学問の府であり続けますよう、鋭意努力して参りたいと思います。皆様のご支援ご協力をお願いいたします。

130周年シンボルマーク

キリスト教の精神に立つ「人間の尊厳」と「博愛」を意味する言葉を
金城学院創立130周年のメッセージとして制定。
「愛に満ちた品格ある女性の育成」という金城学院の教育の原点を伝えます。
ロゴデザインは、中央に白百合をあしらった校章を用い、
クラシカルな書体としなやかさのある書体を組み合わせることで、
確かな足どりで躍動していく、明日の金城学院の姿を示しています。

金城学院ものがたり

金城学院ものがたり Story of Kinjo Gakuin

1889年にアメリカ人宣教師、アニー・ランドルフによって創設された金城学院。
130年前に名古屋の地に息づいた女子教育の伝統を、偉大なる先人たちの想いや
変わり続ける時代の中で力強く歩んできた歴史とともに紐解いていきます。

130周年記念寄付

130周年記念寄付 130th Anniversary Donation

『金城学院130周年記念寄付』は、金城学院が創立以来
大切に守ってきた福音主義キリスト教に基づく女性教育、全人教育、
国際理解の教育のさらなる発展のために大切に活用させていただきます。