寄付について

本学院への寄付のご案内

130余年の学院の歴史は、多くの人々に支えられてきた歴史でもあります。

「キリストの教えを日本の女性に広めたい」という燃えるような使命感を胸に、アメリカ人女性宣教師アニー・ランドルフ先生が小さな私塾を開いたのが、1889年のことでした。私邸を開放して「女学専門冀望(きぼう)館」と名付け、最初はわずか3名の生徒を迎え、日本の女性教育を変える第一歩を踏み出したのです。

それから学院は幼稚園、中学校、高等学校、大学、そして大学院を備え、7,000名を超える園児・生徒・学生たちが日々輝きを増す女子総合学園へと成長しました。創立当初からの「福音主義キリスト教に基づく女性教育、全人教育、国際理解の教育」の想いを堅持しつつ、大きな進化を遂げて参りました。 これまでの学院の歴史を振り返ると、それは決して順風満帆だったとは言えません。予期しない大災害や戦争被害をはじめ、新学校の設置やそれに伴う施設新設、教育環境の拡充など、存続・発展に向けて幾度となく大きな壁にぶつかりました。それらを乗り越えて今日を迎えることができたのは、学院を取り巻く方々の多大なご支援があったからです。

皆様におかれましても、これまでの学院の歴史を支え続けてくださった先達の方々の想いを受け継いでいただき、温かいご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

学校法人 金城学院 理事長 戸苅 創

2021年度からの寄付受付につきまして、現在準備を進めております。
2021年7月頃から改めて概要をお知らせいたします。

寄付・支援